ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

 
子どもの健康豆知識
薬剤師さんに聞く薬豆知識
子どもの身体をサポート
子どもの心と思春期
お母さんの健康豆知識
・発達に心配のあるお子様・障がいがあるお子様
気になる!子どもの豆知識
『ぐりんくねっと』では、「北海道・札幌の子育て家族が役立つ情報」を募集しております。お問い合せはこちらから
トップ  >  子どもの身体をサポート  >  熱中症とは

子どもメディカルこーなーへ

熱中症とは
暑い環境で生じる障害の総称で、次のような病型があります。スポーツで主に問題になるのは、熱疲労と熱射病です。
1. 熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられる。顔面蒼白になり、脈は速くて弱くなる。
2. 熱疲労
脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられる。
3. 熱けいれん
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下したときに、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこる。
4. 熱射病
体温の上昇のため、中枢機能に異常をきたした状態で、意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がおこり死亡率が高い。
熱中症の救急処置
万一の緊急事態に備え、救急処置を知っておきましょう。

〈熱失神・熱疲労〉
涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。足を高くし、手足を末梢から中心部にむけて、マッサージするのも有効です。吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。

〈熱けいれん〉
生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。

〈熱射病〉
死の危険がある緊急事態です。体をひやしながら集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要です。体温を下げるには、水をかけたり濡れタオルを当てて扇ぐ方法、くび、脇の下、足の付け根など太い血管のある部分に氷やアイスパックをあてる方法が効果的です。循環が悪い場合には、足を高くし、マッサージをします。症状としては意識の状態と、体温が重要です。意識障害は軽いこともありますが、応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも異常が見られる場合には重症と考えて処置しましょう。

出典:財団法人 日本体育協会
「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」

プリンタ用画面
友達に伝える
前
水分補給について
カテゴリートップ
子どもの身体をサポート
次
カイロプラクティック

会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント
お勧めコーナー
幼稚園コーナー

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ