ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
トップ  >  くだもの狩り  >  「いちご狩り」に行こう!


札幌近郊の北広島市では15年ほど前から、いちご観光農園の推進に取り組んでいます。小さな子どもから大人までみんな大好きな「いちご」。
お日様と真っ青な空を味方につけて、母なる大地からの真っ赤な贈り物。家族でエネルギッシュに取り組んでいる「キムファーム」にお邪魔しました。


ここ「キムファーム」はとても広い。このいちご畑には、オーナーのちょっとしたこだわりがあります。「こんなに広い畑があるのだから全部いちご畑にしてもっと沢山の人が入れるようにすればいいと思うだろうけど、そうすると味が散っておちちゃうんだよね、やっぱり美味い苺を食べてほしいから、広げすぎないようにしているのさ」と、そっと教えてくれました。苺の苗を作付けする場所も毎年交互に変えて土を休ませています。美味しい苺を育てるための配慮です。キムファームのいちご畑には、「美味しいいちごを食べてほしい」というオーナーの気持ちがたっぷりこもっているのです。


そんな、オーナーが忙しい中、太陽をいっぱい浴びた、もぎたての真っ赤ないちごを持ってきてくれました。思わず口に運びたくなる衝動を抑え、撮影したのがこの苺。大粒で真っ赤で、おいしそうでしょ!キムファームの苺はホントに甘くて味が濃いんです。
品種は「宝交早生」と「けんたろう」。
「宝交早生」は、ご存知の方もいると思いますが、「けんたろう」という品種は、スーパーなどの市場ではほとんど販売されていないため、あまり馴染みがないかもしれませんが、知る人ぞ知る北海道の苺なのです。甘くて味に特徴があるそうですから、甘みと酸味とのバランスが良い「宝交早生」と食べ比べてみてください。スーパーで売っている苺とはひと味もふた味も違います。
キムファームのいちご狩りでは、たまにお尻のようにくっついていたり、ハートの形をしていたりと、けっこう笑える形の苺に出会えます。そしてそんな形に出会えるのも、「いちご狩り」の醍醐味。同じ品種でも日々微妙に味が違うといいます。早い時期、それも午前中の方がより美味しいのだそうですよ。活きた地物いちごの証ですね。


ここで、キムファームファミリーを紹介しましょう。
オーナーとグランマ母さんの顔をみてください。真っ黒に日焼けして日々の外仕事を物語っています。この時期になると、札幌市内に住むお姉さん二人も毎年、嫁ぎ先から実家に駆けつけお手伝い。この日来園者のお休み処となるテーブルとイスをおねーちゃんは手押し車にのせ何度も運びセッティングしていました。
もう一人のちーねーちゃんは顔出しNGとの事でこの時不在だったけど、いちご狩り受付前に設置しているお花屋さんを担当。宿根草や山野草などのめずらしいお花(鉢植え)を揃え、格安でわけてくれるらしいので、ガーデニングに興味のある方は、チェックしてみてくださいね。
ところで、ここだけの話ですが、このお二人、双子ではないのですが、実は声も姿も似ています。家族の方々には「全然違うよ!」と言われましたが、私はすっかり見間違えました。どっちが姉でどっちが妹か…。そんなこともちょっとチラ見しつつ、ファミリーウオッチングしながら苺摘みを楽しむのも面白いかも…。
そしてきわめつけ、鍬を持つ手が勇ましいグランマ母さん。グランマは本当に働き者。御年「○8才」と、はにかみながら笑顔で答えてくれました。



美味しい苺を
食べてもらうために、苺の生育状況によっては、時間前に終了することもあるそうです。事前に予約か電話をしてから行くとその日の状況も把握できていいですよ。
また、キムファームは、BBQやお弁当などご持参の方には、広場を開放しています。希望者は遠慮なく申し出てみてください。
いちご狩りの後に、緑の中で、BBQやお弁当もいいですよね。
いちご狩りのシーズンはほんの1ヶ月弱

さあ、この季節、キムファームへいらっしゃい!
真っ赤な苺の絵の、この「黄色い看板」が目印です。
<取材:2012年6月14日>



取材協力「キムファーム
住所:北海道北広島市北の里305-5 /電話:090-7510-2486
詳しくはこちら→


 

投票数:89 平均点:5.84
カテゴリートップ
くだもの狩り


 
インフォメーション
 
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ