ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
トップ  >  手続き  >  成年後見制度〜てつづきねっとセミナー

昨今、核家族・高齢化が進んでいます。様々な理由から介護付有料老人ホームへの入居が増えています。老人ホームと言っても、昨今の民間介護付有料老人ホームは施設内の環境やサービスも充実しているので、老後は自宅を処分して入居を希望する方々も増えてきました。
また、ここ数年で入居希望者のニーズに合わせた充実の施設が多くなってきています。高齢になるとまず、心配なのは、「認知症」や「身体的不自由」の問題。認知症になり判断能力が欠けてきた時、身体に障がいが出てきた時、本人に代わって、財産管理や銀行・区役所の手続きなどを行う者を「成年後見人」などといいます。

てつづきねっとセミナーの2回目は「成年後見制度」についてです。


正な運営をしている施設では、入居者の財産管理を第三者に依頼し、施設自体はタッチしないようにしています。また、本人の判断能力が低下してきた時には、親族に任せられればよいのですが、任せられない場合も多く、そうした場合などに本人を法的に支援する制度として「成年後見制度」があります。この制度を利用するには、家庭裁判所への申し立てや公証役場での契約が必要です。

この制度には、「法定後見」と「任意後見」の2つの種類があります。
「法定後見」…判断能力が低下してから家庭裁判所で手続きをするもの
「任意後見」…将来に備えて、判断能力が低下する前に、あらかじめ選んだ代理人と公正証書で契約を結ぶもの



の「成年後見制度」に似ているもので、「身元引受人」という制度があります。施設への入居の際に求められることが多く、親族の方が、なることが多いのですが、あくまで施設との関係がメインです。
「身元引受人」の仕事(責任)は、
・支払い(入居者が支払えなくなった時の保証人)
・身柄の引き受け(入居者が退去しなければならなくなった時)

・退去の際は部屋をきれいになおす。
これらが、おもな仕事(責任)です。

これに対して、「成年後見人」は判断能力の低下した方の代理人などとして、本人に代わって金銭管理や手続きを行う人をさします。
「成年後見人」の仕事は、
・通帳などの管理
・生活費の支払い(保険料、役所の手続きなど)
・入院時の手続き、介護を受けるための契約
これらがおもな仕事です


但し、
成年後見人ができないこともあります。
・手術の同意
・リハビリ・介護
・日常の買い物<但し大きな買い物(10万円以上の支払いやサポートは可>

主にお金に関わる仕事なので親族がなることが多いのですが、裁判所に申し立てをして「成年後見人」になると、
本人との面談などの成年後見人としての仕事の他、財産管理をガラス張りにするために、毎年裁判所に提出する報告書の作成があります。この作業が一般の方には、かなり骨の折れる仕事となり、途中で根を上げる方が多いのですが、一度「成年後見人」になってしまうと、なかなか途中でやめることはできません。そこで、費用は発生しますが、専門家に成年後見人を引き受けてもうらケースが増えています。

2回にわたる「てつづきねっとセミナー」を取材して思ったのは、家族や親族に本人の事をすべておまかせできる関係であれば、裁判所に申し立てをする「成年後見制度」の利用はあまり必要ないのでしょうが、もしもの場合に備えて、自分の老後をどう過ごすか、どのように過ごしたいかを考え、身体が元気なうちに、まずは、専門家に相談してみるとよいと思いました。医療技術の発達もあって、日本人の寿命は延びています。いくつになっても、快適に安心して老後を過ごしたいものです。


北海道専門職ネットワーク「てつづきねっと」事務局
札幌市中央区南2条西6丁目14大友ビル8階
TEL:011-231-8228

 

投票数:59 平均点:4.92
前
遺言書を作っておくべき人とは?〜てつづきねっとセミナー〜
カテゴリートップ
手続き


 
インフォメーション
 
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ