ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

 
子どもの健康豆知識
薬剤師さんに聞く薬豆知識
子どもの身体をサポート
子どもの心と思春期
お母さんの健康豆知識
・発達に心配のあるお子様・障がいがあるお子様
気になる!子どもの豆知識
『ぐりんくねっと』では、「北海道・札幌の子育て家族が役立つ情報」を募集しております。お問い合せはこちらから
トップ  >  子どもの心と思春期  >  すぐ怒る・人の話をきかない〜人間心理&子どもと親の関わり方

子どもメディカルこーなーへ


子育てしている中で、必ずといっていいほど誰もが直面するよくある子どもの問題行動の裏にある人間心理と、子どもと親の関わり方について心理カウンセラー竹原さんにお聞きしました。



自分の思い通りにならないとすぐ怒りだしたり、注意したりすると逆切れ! どう対処したらよい?



このタイプは家族の中にすぐ怒る人がいるか、もしくは自由人であることが多いです。

怒って思い通りにしている大人のモデルがあれば子どもは真似をし、怒ると思い通りになるんだなと学習します。父親がそのモデルになっていることも多いようですが、最近では母親がこのモデルになっていることも少なくないようです。大人は良くも悪くも子どものモデルであり、子どもはそれを模倣します。大人のモラルや思考の改善が必要です。

後者の自由人タイプは、文字通り自由人です。このタイプは怒りやすいのと同時に人の話を聞いていないことが多く、親としては育てにくいと感じることが多いようですが、自由人ですから自由にさせることが一番です。ただ、自由人だから・・・と放置するのではなく、聞く聞かないにかかわらず、必要な事は告げておき自由にさせるのです。こういったタイプは本当に自分で体感しないと解らないことが多いので、たくさん失敗させてあげましょう。そして失敗して落ち込んでいたら「だから言ったじゃない!」ではなく、「これでわかったよね?次にいかそうね」と励ましてあげましょう。このタイプは抑え付ければつけるほど逆切れし、話を聞かなくなり暴走します。枠をうんと大きくして見守ってあげるのが得策です。
自由人タイプは、自由であるが故に周囲から孤立してしまうことが多く、そのため「自分を受け入れてくれる人はいない」「わかってくれる人はいない」という心理に陥りがちです。そのために怒りっぽくなったり切れやすくなったりする傾向が強いのです。普段は多少厳しくしても失敗した時ほど、優しく受け入れてじっくり語りかけていくと「自分は守られている」という安心感がうまれ、思いやりの心が芽生えてきます。



※教育応援情報誌「ジョイ・ジュニア」より


■Mind Memory 代表 心理カウンセラー竹原美佳
実 際に小学生のお子さんをもつ母でもあり、親としての気持ちも理解しながら優しくその子にあった方法で自分自身も気付かない子どもの深層心理を引き出し、ア ドバイスをしてくれる。子どもの問題は、親との関わりが大きく影響していることが多く、親子カウンセリングに訪れる方も多い。なかなか言葉にして思いを伝 えられないお子さんや障がいを持つお子さんなどのカウンセリングのほか、心理学講座なども行っている。
詳しくは、コチラをご覧下さい。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
自分の思っている事が なかなか言えない〜人間心理&子どもと親の関わり方
カテゴリートップ
子どもの心と思春期
次
子育てに一番必要なのは親の観察力!

会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント
お勧めコーナー
幼稚園コーナー

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ