ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

 
子どもの健康豆知識
薬剤師さんに聞く薬豆知識
子どもの身体をサポート
子どもの心と思春期
お母さんの健康豆知識
・発達に心配のあるお子様・障がいがあるお子様
気になる!子どもの豆知識
『ぐりんくねっと』では、「北海道・札幌の子育て家族が役立つ情報」を募集しております。お問い合せはこちらから
トップ  >  薬剤師さんに聞く薬豆知識  >  薬と健康食品

子どもメディカルこーなーへ



病院に行くほどでもない時に、私達は薬屋さんにお世話になりますよね。薬屋さんといっても薬局、薬店、ドラッグストアとありますが、どう違うのかご存じですか?
また、健康に関する様々な方面に関心がふえ、病気になる前に食品で健康を保持したいと願う人が増えてきました。あらゆる健康食品が出回っています。そ して私達の生活に身近なものとして定着しているサプリメント。サプリメントといっても製品は多種多様。サプリメントは医薬品とは違い、分類は健康食品で、 あくまで「食品」。医学的定義がなく薬の専門家としてもわかっていない部分が多いそうです。

現在では、規制緩和によって手軽な栄養ドリンクやかつては胃腸薬とされていた胃腸内服液などがコンビニエンスストアなどでも販売されています。薬も健康食品も正しく選び服用する知識が必要です。


薬屋さんについて

薬を置いているお店といっても様々な分類があります。
薬局には必ず「薬剤師」がいます。薬店・ドラッグストア・薬を扱っているコンビニには登録販売者という資格を持った人、もしくは薬剤師がいます。
「登録販売者」というのは聞き慣れない言葉かもしれませんが、薬を扱う新しい資格が数年前に登場しました。薬店やドラッグストア、コンビニ等の店長さんがこの資格を持っていることが多く、知事が認定する試験に合格した人に与えられます。
新しく薬のリスクによって第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と分けられました。
第一類医薬品は、病院で使われている医薬品等が多く、効き目が良い分、使用上の注意が必要で、薬剤師から説明を受けた上でなければ購入する事が出来ません。また薬の購入の時には、安全に使うため基本的にすべての薬の説明を行う事にもなっています。
 また薬剤師が常駐している薬局なのかどうか、そのお店の薬の専門家が登録販売者なのか、どのクラスのお薬屋さんなのか患者さんが判断しやすいように許可書をお客様に見えるところに掲示し、ネームプレートなどを着用する決まりになって居ます。
 
「薬局」:薬剤師が在籍。第一類医薬品の販売、調剤が出来る。
「薬店」:薬剤師または登録販売者が在籍。薬剤師が居れば第一類医薬品の販売が可能。調剤は出来ない。
「ドラッグストア・薬を扱っているコンビニ」:薬剤師または登録販売者が在籍。薬剤師が居れば第一類医薬品の販売が可能。調剤室が無い所が多く調剤ができない。
「配置薬」:薬剤師または登録販売者が行う通称「置き薬」と言われるもの。

 


◆取材協力
 中村薬局 薬剤師 中村峰夫さん(北海道大学薬学部 臨床教授) 
 
薬に携わる仕事をする人間として、
「健康食品」等の正しい情報がみなさんに行き渡るよう健康食品と医薬品の相互的な資料(飲み合わせに関する情報など)『あるたな』を発信。
何でも話せる地域のかかりつけ薬剤師として患者さんからの信頼も厚い。

●(有)中村薬局 
札幌市白石区南郷通7丁目5-1
電話:011-861-2808   ホームページはこちら→

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
薬剤師さんに聞く薬豆知識
次
くすりの豆知識★市販薬と処方薬の違い・薬の飲み合わせの注意点etc...

会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント
お勧めコーナー
幼稚園コーナー

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ