ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  Q&A  >  海洋散骨について

 

Q.海洋散骨について詳しく教えてください。

A. 

洋散骨とは、故人の遺志や希望に基づいて遺骨を海に還す自然葬の一つです。故人様を母なる海に還すセレモニーです。
散骨は、故人の遺体を火葬した後、お墓などに納骨するのではなく、焼骨を粉末に海や山、空などで蒔く葬送の方法ですが、日本では法律の解釈など、政府の統一見解が出された1991年以降に増え、海洋散骨が一般的です。

地での散骨は、散骨場所となる周辺住民の理解が得づらいため、現在は、広い敷地を持つお寺など、ごく限られた場所だけで行われていますが、いまのところ、道内にはありません。また、空中散骨も、他人の土地の上空から撒くことはできないため、海洋に出て行われているのが現状です。


俳優の石原裕次郎さんや沢村貞子さん、ドリフターズの荒井注さん、テレビリポーターの梨本勝さんなど、著名人の海洋散骨がテレビなどで話題になり、散骨を希望する人が年々増えてきています。
 

 
骨という葬送方法が増えてきた背景には、日本人の意識の多様化と同時に、核家族化や少子化で、長く、家制度によって守られてきたお墓の維持が困難になってきたという事情があります。自分が入る墓を建てても、後を継ぐ子や孫がいないため、散骨を選ぶ、という方がいます。また、遠方に住む子たちを煩わせたくないので墓をつくらない、という人もいます。家庭の事情で同じお墓に入りたくないという場合もありますし、宗教儀式にとらわれたくないという方もいらっしゃいます。事情はさまざまですが、「自然に還る」、日本人の伝統的な考え方に受け入れられやすい葬送方法である散骨は、今後、ますます増えていくことでしょう。

社で行う海洋散骨は、小樽祝津沖にて行います。参列のために船へ乗船できる最大定員は9名、散骨海域に到着後、散骨・献花・黙祷を行い、散骨海域を三周して汽笛で故人をお送りします。散骨する際の粉骨は当社が責任をもって代行し参列者分を小分けいたします。粉骨には、お骨の他に火葬許可書の写しが1通必要となります。海洋散骨の所要時間は天候などの状況にもよりますが、おおよそ1時間30分~2時間。費用250,000円(税別)となっています。



 【取材協力】

(株)焚上協会
札幌市豊平区豊平4条3丁目1-1
フリーダイヤル:0120-75-9494

 
代表取締役 中山 猛 さん


●海洋散骨についての詳細はこちら→



 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
遺骨や髪からダイヤモンドやジュエリーができる
カテゴリートップ
Q&A
次
お焚き上げ供養って?
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ