ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  Q&A  >  遺品整理業者とは?

 

Q、退去予定日があるのですが、整理ができていません。最近よく聞く「遺品整理業者」とは?

A. 

家族化が進んで、一人暮らしの高齢者も多くなってきました。孤立死も少なくありません。故人様のそのお住まいの整理は遺族が行わなければなりませんが、仕事をしながら、子育てをしながら、遠方であるなど、遺品整理は遺族にとって、思った以上に手間ひまのかかる作業です。ただでさえ、亡くなられた場合には、その後の手続きなど目に見えない作業も多くなりますから、なかなか遺品整理まで手が回らないといった現実があります。また、遺族が手をかけると遺品の数々に色々思い出が多すぎて廃品(ゴミ)として処理できず整理に時間がかかってしまうものです。

族に変わって、分別・整理・搬出・処分作業にあたるのが遺品整理業者の仕事です。遺品整理業者と言っても、故人宅の整理ばかりではなく、たとえば、施設への入居に伴う自宅の整理生前整理)なども行います。

え方としては、引越業者と廃棄処分業者、そして
リサイクル業者など、それぞれが部門別に連携を組んで作業にあたると考えて頂ければ分かりやすいかもしれません。そしてその窓口となって一切の手配をお引き受けするのが遺品整理業者です。 遺族の意向を聞き、廃品(ゴミ)、供養品、リサイクル品などに仕分け、梱包・整理・搬出・清掃などを行い、その後それぞれの業者が積込・運搬・処理をしていきます。

れらにかかる費用は、お部屋の広さや荷物の数、その状態を見て算出しますが、目安としては2DKでは、作業費、ゴミ処理費、供養 (お焚き上げ)費、家電処理費も含め、約15~30万ぐらい。リサイクル業者が買い取り査定したものは算出して、かかる費用のたしにすることができます。

者に依頼せず遺族で整理する場合でも不要品の処分代だけでもけっこうな費用がかかります.退去予定が迫っても、整理ができていないという場合はご相談ください。見積は無料です。  


 【取材協力】


(株)
焚上協会
札幌市豊平区豊平4条3丁目1-1
フリーダイヤル:0120-75-9494

 代表取締役
   遺品整理士 中山 猛さん


●遺品整理の詳しい情報はこちら→



 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
実家の仏壇は古く、劣化が激しいのですが、どうしたらよいでしょうか。
カテゴリートップ
Q&A
次
遺骨や髪からダイヤモンドやジュエリーができる
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ