ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  Q&A  >  自分の数珠を持っていません。

 

Q.自分の数珠を持っていません。葬儀参列の時などは母から借りています。お葬式や法事に数珠は必ず必要なのでしょうか?

 

A. 
珠は念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝む時などに回数を記憶するためのものとされています。
仏式の行事である通夜や葬儀・告別式の会葬に参列する時や法事に出席する際には、数珠は欠かせません。一人ひとり、自分の数珠を準備することが望ましいと思います。夫婦でもそれぞれ一つずつ、できればお子様にも準備してください。数珠は、持っているだけで魔除け厄除けとなり、また福を授かるといわれています。

 

珠は宗派によっても若干違いますが、今は、ご自分の宗派のものにこだわらず、どの宗派の葬儀にも適応できる略式のオールマイティーな数珠を購入される方が多いです。また、男性用はすぐにお決めになる方が多いのですが、女性用は種類が豊富なので購入の際、どれを選んで良いか迷われる方も多いのです。使われている石やデザイン、色など年代に合わせて気にいったものをお選びください。数珠は水晶・さんご・パールなど石や作りにより値段もそれぞれ違い、安価な物から高額なものまであります。金額の目安として、つなぎで選ばれるなら3,000円~4,000円のものもありますし、しっかりご自分の一生モノものとして選ばれるなら、平均15,000円ぐらいからが相場でしょうか。

た、せっかく高価なものを購入しても、小さなお子さまがいるご家族で葬儀に参列の際、大人が持っているものをお子さまに与え、切れたり壊してしまうケースもめずらしくありません。子どもは大人のまねをしたがりますので数珠は共有せず、小さなお子さまには、ガラス玉でできた安価なお子さま用のものもありますから用意してあげてください。そして幼い頃から仏様への気持ち、合掌の心の大切さを教えてあげるとよいでしょう。

  

 


 【取材協力】
供養ギャラリー リ・ノイ
恵庭市駒場町6丁目4-6 
電話:0123-35-1194


店長 伊藤 修さん 



 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
『モダン仏壇』『家具調仏壇』って従来の仏壇と何が違うのですか?
カテゴリートップ
Q&A
次
法要料理の案内がたくさん届きます。失敗しない仕出し屋さん選びのポイントを教えてください。
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ