ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  参列者  >  神式・キリスト教式の礼拝の仕方は?

※冠婚葬祭マナーは、地域による慣習、個人の考えによってマナーや礼儀が異なる場合もあります。

 

 

神式では手水(ちょうず)の儀という清めの儀式から始まって、玉串と呼ばれる葉のついた枝を神前に供えます(玉串奉奠)
※手水の儀(ちょうずのぎ)儀式の前に身を清めるために行います。左手→右手→左手で口をすずき両手を拭きます。


玉串奉奠のしかた
(1)玉串を受け取ったら、祭壇の前に進み遺族と神宮に一礼。
(2)玉串と左手で下から捧げ持ち、根本を右手で上からつまむようにして受け取る。
(3)右手を玉串の中間までに移動し、葉先が右、根本が左になるようにする。

(4)根本を祭壇に向け、両手で供える。
(5)一歩後退して二礼、二拍手(音はたてない!)、一礼する。
(6)遺族と神宮に一礼して戻る。

 


 
キリスト教式の葬儀では、献花または焼香を行い、別れを惜しみます。
献花のしかた
(1)祭壇の前に進んで、係の人に一礼して花が右手側になるように受け取る。
(2)祭壇に向かって一礼。
(3)花の根本を霊前に向けて持ち直し両手を添えて祭壇の上に供える。

(4)祭壇から後退し遺族と神父・牧師に一礼して席にもどる。
 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
数珠の持ち方・お焼香って何回するの?
カテゴリートップ
参列者
次
お葬式のとき、服装は?
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ