ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  喪家(遺族)  >  忌中・喪中期間

※冠婚葬祭マナーは、地域による慣習、個人の考えによってマナーや礼儀が異なる場合もあります。

 



忌」とは、死のけがれを忌むという意味で、死のけがれが去らない期間を「忌中」といい、けがれが去った時点を「忌明け」と呼んでいます。「服」とは、喪服をつけて一定の期間、身を慎んでおかなければならない期間を「喪中」と言います。


 

●服喪期間のめやす
現代は、忌中は四十九日、喪中は一年間と考えられています。忌中期間は、神社の参拝・結婚式・落慶式などのおめでたい席への出席はしない。喪中期間は、正月のしめ飾りや鏡餅などの正月用の飾り付けは控える。
また、初詣や年始回り、年賀状も控えるのが常識です。

※年賀欠礼のハガキ
の手配も忘れずに。


 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
納骨
カテゴリートップ
喪家(遺族)
次
墓地・霊園について
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ