ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索

※冠婚葬祭マナーは、地域による慣習、個人の考えによってマナーや礼儀が異なる場合もあります。

 



納骨は、仏式でお墓がある場合は四十九日の法要に合わせて行うことが多いようです。お墓が遠方にあったり、お墓がまだない場合などは、お寺や霊園にある納骨堂に一時的にあずかってもらうこともできます。最近では、墓地を購入せずにお寺や霊園の納骨堂に遺骨を納めるケースも増えています。


 

●「埋葬許可書」はなくさないように!
火葬後すぐに納骨する場合はともかく、四十九日まで納骨しない場合は「埋葬許可証」を骨壺と一緒にいれておくのが一番安心です。納骨するときに、お寺の場合 は住職に、公園墓地には管理事務所に「埋葬許可書」を提出する必要がありますので、なくなさないように気をつけましょう。

●納骨式
納骨は四十九日の忌明け法要後に行うのが一般的です。遺族、家族などごく内輪で行うのが一般的です。お墓にお骨をおさめ、花や供物を供えます。僧侶に読経してもらい、焼香します。

 

お墓がある場合は、墓石の納骨式の蓋を開けるために、事前に石材店や霊園に連絡を忘れずに。
お墓に戒名を彫ってもらうので、石材店には納骨式の日時が決まったらすぐに連絡して、納骨式の日時と戒名を伝えておく必要があります。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
忌明け法要(四十九日)/法要について
カテゴリートップ
喪家(遺族)
次
忌中・喪中期間
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ