ママとパパ必見!北海道子育て家族★応援サイト『ぐりんくねっと』です!

無料体験レッスンに行こう!

Google


ぐりんくねっと検索
Google検索
お葬式トップ  >  喪家(遺族)  >  葬儀・告別式/火葬するには、「火葬許可書」が必要

※冠婚葬祭マナーは、地域による慣習、個人の考えによってマナーや礼儀が異なる場合もあります。

 



本来は、「葬儀」と「告別式」は別です。葬儀は、親族やごく親しい人で故人が無事成仏できるように祈る儀式で、告別式は友人や知人がお別れをする儀式です。最近は、この二つの儀式をひとつの流れで行うのが一般的です。


●葬儀当日は・・・
葬儀・告別式当日は、一時間から一時間半前には式場に到着します。供花・供物の確認をし、葬儀社や受付係との打ち合わせ、弔辞・弔電の打ち合わせなどを行います。
僧侶が30分前くらいに到着するので挨拶にいきます。その他、火葬場に行く人の人数や車両の確認をします。

●葬儀・告別式の流れ
宗派によって多少流れが違ってきます(約1時間程度)
●受付開始(式開始の30分前から)
●着席(10分前くらいから遺族・親族・参列者が着席)
●開式(僧侶が入場します)
●読経
●弔辞・弔電奉読
●焼香(喪主、遺族、親族、一般参列者の順番で焼香します)
●僧侶退場
●葬儀委員長挨拶
●閉式


 


葬儀・告別式が終わったら、そのまま会場にてお別れの儀が始まります。

お別れの儀
棺の蓋を開けて、遺族・親族・親しい人たちで故人と最後のお別れをします。
喪主より順番に生花をいれ、副葬品などを棺に納めます。

・釘打ち
喪主から故人と縁の深い順に一人2回ずつ打ちます。「三途の川」の川原の医師を意味するこぶしくらいの大きさの石を使って軽く打ちます。そのあと、葬儀社の人が完全に固定します。この釘打ちは宗派などにより行わ
ない場合もあります。

・喪主の挨拶

出棺・火葬場へ移動
(火葬場へ移動)
霊柩車には葬儀社だけの場合と喪主が乗る場合があります。火葬場へはごく近い親戚や友人のみが行きます。
このとき、火葬許可書を忘れずに!

 



火葬する際には、火葬許可書が必要になります。病院、医師からの死亡診断書がを区役所などに提出すると、火葬許可書と埋葬許可書を発行してくれます。
亡くなってから24時間を経過しなければ火葬はできません。

 


●死亡届を提出しなければなりません。
亡くなられてから7日以内に死亡届けを提出しなければなりません。死亡届を提出すると、火葬・埋葬するのに必要な許可書を発行してもらうことができます。
葬儀・告別式が終わった後、火葬場に行ってもこの火葬場使用申請書(火葬台帳)と火葬許可書がなければ火葬してもらえませんので、なるべくはやくに届け出をしておきましょう。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
通夜の流れ
カテゴリートップ
喪家(遺族)
次
火葬(札幌市の場合)
会員登録はこちらから
会員ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問合せ・申込・プレゼント

宗派別寺院(北海道)

神社(北海道内)

ご遺品整理

善光堂 福田仏壇店

家族葬札幌

お炊きあげ供養

自分史ビデオ “証”(AKASHI)プロジェクト

企業情報・プライバシーポリシー

PageTopへ